« ロビ君の制作日記 | トップページ | ブロック注射治療 »

2013-10-27

脊柱間狭窄症

 6月の上旬から痛みを感じ始めました右脚の状況は、徐々に悪い方向になりつつあります。

 CT検査に続きましてMRI検査の結果、”脊柱間狭窄症”であるとの診察結果が出ました。

 第四腰椎と第五腰椎の間のヘルニアが垂れてはみ出ています。そしてそのヘルニアがL5番とS1の神経を圧迫しているのであります。

 その影響を受けましてしばしば右脚の付け根であります股関節、太もも、右ひざ下のふくろはぎ、右脚の甲が痛みを覚えるのであります。

 特に夜中にトイレに立つ際は、猛烈な痛さを感じてしまいます。

 これには麻酔治療と内服薬の治療を受けています。

 この治療を7月、8月、9月、、と続けています。

 回復がはかばかしくない場合は、次の治療方法であります”ブロック治療”も視野にいれる必要があるかも知れません。

 痛みが有る、、、、  辛いですね。

|

« ロビ君の制作日記 | トップページ | ブロック注射治療 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39774/53737197

この記事へのトラックバック一覧です: 脊柱間狭窄症:

« ロビ君の制作日記 | トップページ | ブロック注射治療 »