« 太りました ♪ | トップページ | 受講が義務 »

2008-08-20

かけ離れた感は否めませんね。

年金につきまして、以下の記事を拾い読みしました。

==========================

<厚生年金>社保事務所の違法行為関与を証言 元職員

 厚生年金の加入記録の改ざん問題で、滋賀県の元社会保険事務所課長、尾崎孝雄さん(55)が19日、民主党の会合で、「収納率を上げるため、給与水準(標準報酬月額)を最低ラインまで下げるよう、社保事務所が企業に指導した」と、社保事務所が違法行為にかかわっていたことを証言した。官主導を元職員が公の場で明らかにするのは初めて。社保庁は「職員の関与は不明」としてきたが、OBからも「不正」をあらわにされた形だ。

 尾崎さんは90年代後半から数年間、滋賀県内の社保事務所で厚生年金の担当課長を務めた。保険料は給与水準に連動するため、低くするほど徴収料が減る。このため、滞納企業に対し、▽社長や社員の標準報酬月額をさかのぼって最低水準に訂正する▽虚偽の厚生年金の脱退届を出させ、業務継続を黙認する--などを指導したという。

 社会保険事務局(当時は県保険課)主催で「収納対策会議」が毎月開かれていたが、尾崎さんは「こうした手法を使っても収納率を上げるよう指示があった。社保事務所では、所長が徴収課長に『こうしろ』と指示した」と明言した。自身も徴収課長時代、約900万円の保険料を滞納した企業の社長に「給料を落とす方法もある。(将来の年金が減るため)社員には説明して」と促したという。さらに「本庁が知らないのはあり得ず、同じ処理は全国で行われた」と述べた。

 厚生年金のこうした不正処理は、総務省年金記録確認第三者委員会が2月までに16件を認定。これとは別に企業側が社保職員の「指導」を証言した例もあるが、社保庁は職員の関与について「未確認」としている。

==========================

 なんとも、開いた口がふさがらない気持ちが出てまいります。

 年金の受給を眼の前にしています、団塊オヤジにとりましては、とても人事とは思うことが出来ません。

わが身もひょっとして有りうるかも、、、 と疑いの眼差しを 社会保険事務所に向けてしまいます。

 眼鏡をかけた総理大臣が、 『国民のの眼線にたった政治を行う』 とおっしゃいましたのは、ついこの間であります。

  とても、かけ離れた感は否めませんね。

掲示板にリンク             これ 凄い!  情報です

                      ↓      ↓      ↓

団塊オヤジ支援倶楽部

ビジネスブログランキング ← ポチット ねぇ!

|

« 太りました ♪ | トップページ | 受講が義務 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39774/23114183

この記事へのトラックバック一覧です: かけ離れた感は否めませんね。:

« 太りました ♪ | トップページ | 受講が義務 »