« 鉄道を利用しています | トップページ | イチョウの葉が散ります。 »

2007-12-14

偽る について

偽る について

 やはり 京都 清水寺の和尚さんは、 ”偽” を 選ばれたようです。

 小職は、先にも投稿しましたように、 ”謝” (あやまる)を今年の世相を反映した一文字だと予想をいたしておりました。

大方の予想が、 ” 偽 ” でありましたように、 この 2007年は、 偽ることの目立つ一年であったようです。

 その中で、 食べ物に関しての偽装を取り上げられた報道が目立ちました。

  伊勢の ”赤福 ” は典型例になりました。歳の瀬、新年の初詣に向けて、三重県の方では何とか以前の参拝客を狙っての

回復を願っている様子でありますが、 はたして、 願いどおりの回復が見られますでしょうか。

 商売人の思惑と、消費者の感覚がどれぐらいの離隔距離になったのか 見極めるいい機会かも知れませんね!!

ビジネスブログランキング ← ポチット ねぇ!

|

« 鉄道を利用しています | トップページ | イチョウの葉が散ります。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39774/9402603

この記事へのトラックバック一覧です: 偽る について:

« 鉄道を利用しています | トップページ | イチョウの葉が散ります。 »