« 新幹線の車内で、、、 | トップページ | テレビッ子 »

2007-12-22

ゆず湯の効用

きょうは、冬至ですね。

昔から、冬至にはゆず湯に入ると良いとされています。

 この際、ゆず湯の効用について調べてみました。

  ある 文献によりますと、

柚子の精油成分が湯に溶けて、血液の循環を良くすると言われています(人によっては精油成分の刺激が強すぎて、ぴりぴり感じる場合もあります)。

よって、肩こりや冷え性を緩和し、更にはビタミンCの効果でお肌を滑らかにするとされています。

また、すっきりとさわやかな香りで、寒さで凝り固まった体をリフレッシュする意味もあるでしょう。

ちなみにこの風習は、「冬至」と、湯につかって病気を癒す「湯治(とうじ)」にかけているらしいです。柚子を使うのは、やはり季節のものだからでしょう。

昔の人は今よりずっと寒い冬を送っていたはずですが、こうやって季節を楽しむ工夫をしながら乗り切っていたんですね。

   と有りました。  

  我が家でも 今夜は ゆっくりと ゆず湯につかって、日頃の凝りをほぐしてみたいと思っています。

  そして、日頃の凝りとは、数えれば有りますね!!

身体の上の方から思いを巡らせれば、

 1) 若い頃から 乱視 の為、眼鏡をかけています。故に眼の凝りは
    常に持っています。

 2) 首は、後ろの首筋に慢性的な凝りがあります。

 3) 腰は、持病が元々抱えていまして、これから寒さに向かいます季節には
    要注意の箇所であります。

 4) 右の太モモの内側に、しこりは無いにしても、触ると痛みを感じる
    箇所があります。これは、どうやら 腰の椎間板からの影響でその箇所の
    神経を圧迫しているが為に感じる痛さの様であります。本当の事は
    解っていませんが、、、

 挙げてみれば、出てくるものであります。  これらの凝りを 今宵一晩で直そう

と思うのは無理としましても、 徐々に緩和してくるよう自分の身体をケアする

必要はあると感じています。

ビジネスブログランキング ← ポチット ねぇ!

|

« 新幹線の車内で、、、 | トップページ | テレビッ子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39774/9523779

この記事へのトラックバック一覧です: ゆず湯の効用:

« 新幹線の車内で、、、 | トップページ | テレビッ子 »