« ジャガイモ畑 | トップページ | 土佐犬を見ました »

2007-05-01

紀州を走る

橋杭岩

 橋杭岩は、とても人間が造れる物ではありません。

近くへ寄って。触ってみてその感が、改めておきました。  二十数年前にこの地を訪れた際には、全然感じられなかった事が、この岩に触って見まして、判りました。

時間の余裕と、財布の中身のゆとりは、物を見る眼も変えてしまうんだ、と言うことを、、、

 丁度、季節も良くて、潮が来るあたりに立って見ましても、風が気持ち良く通りぬけて行く
感じが気持ち良く。 また、 潮も引いていまして、岩の直ぐ傍まで、普通の靴を履いて行く事ができました。

 打ち来る波と、風が作り出した幾何学模様は、しばらくの時間を立ち止まらすには、充分な魅力を秘めたものである事は、間違いありません。

 
 そんな、潮水と岩との間に、あわびの稚貝、 宿かり、 イソギンチャクの子供等など、
たくさんの目立たない生き物を見ることができました。

 我が身の、細胞を蘇えらせるに、充分なエネルギーを貰った想いがしました。

お願いします ビジネスブログランキング ← ポチット ねぇ!

|

« ジャガイモ畑 | トップページ | 土佐犬を見ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39774/6272549

この記事へのトラックバック一覧です: 紀州を走る:

« ジャガイモ畑 | トップページ | 土佐犬を見ました »