« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006-05-31

つぶやきの続き

 昨日に続きまして年金に関しましての、つぶやきを連発します。

 第一生命が、発表しましたサラリーマン川柳に、

  ” 年金は いらない人が 制度決め ”  

        と載っていました。

 まさに、その通りであります。   そして、その仕事に携わっている人々は、自らの年金は、共済年金で、より優遇されていると聞きますと、 腹が立ってきますよ!!

 この「ところ、 額に 青筋が浮かぶことの多くなりました事、、、 日本の邦 これで良いのでしょうかねぇ?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-30

ぼやいてみます。

 ナンですか!? 社会保険庁・社会保険局・社会保険事務所、 あんなに人が居て、ごまかす事だけに長けているのでは、と余計な不信感が募ってまいりました。

 私なんぞ、 もの心ついた頃(15歳)から、厚生年金を掛けてきましたものですから、本当にあの掛け金は戻ってくださるのでしょうか? 疑問・疑問・疑問 が湧いてきますよ。  ホントニ!

 これで、局長の 更迭だけで処分は無いのでしょうか? まあ 人が辞めれば解決する問題でもないようです。

 まあ これほど、人の常識を逸した集団が、よくも有ったものだと、あきれています、 今日この頃であります。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006-05-29

貝 ホリ

 関東では、潮ヒガリ と言うんですが、私の育った 尾道では、”貝 ホリ” と言っています。

 まみんど クンは、尾道水道の東の端、 山波の州(サンバのス)へ、今日の夕方出かけたようです。 

 瀬渡し船に乗って、夕方 7時ごろまで、貝を掘って 楽しんだ様子で、何十年振りかの 楽しみを満喫した様子でありました。

  さぞかし、明朝 アサリの味噌汁は、美味しいでしょうなぁあああ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006-05-28

思考回路の休みの日曜日

 考える事をまったく休んでみました。

 空白の日曜日かも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006-05-26

頑張らない事にしましょう?

 一部のお役人様だけであろうと思いたいですねぇ。 社保庁の偉い方々が更迭されたようですが、、、

 なにか、ひとつ、タガが緩んでいるような? 違う事を思い込んでいるような? 気がしてなりません。

 長い期間、同じ場所に居続けると、澱んでくるんですよねぇ。  水も、小さな水溜りでは、直ぐに濁れてきますよ。 時々、新鮮な水を補給してやらないと、良い物は育たないような気がしております。

 あんな 事を平気でするような人たちが、勤めている組織に、我々の年金を委ねているかと思いますと、うすら寒さを感じてしまいます。

 やっぱり、 あんまり 頑張らないようにしようぉぉおお。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-05-25

パスワード

 私は、ブログのタイトルとしまして

 ① 東京単身赴任

 ② 団塊オヤジの転進物語

 ③ 団塊オヤジの言いたい放題

 ④ ガンバレ まみんどクン& たすたくチャン

 ⑤ 尾道人の『東京物語』

 ⑥ 尾羽呼裟智子の事件簿

 ⑦ キミは僕の太陽だ

    を ほぼ 毎日 綴っています。 ここで問題なのは、しばしば、 ログインの時、

 パスワードを忘れている事であります。 

  さあ、書こうと思った事をパスワードを思い出すまでに忘れてしまうことまであります。 こんなオジチャンが、

このブログを書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006-05-24

考えようとする習慣

 昨日の続きの”ぼやき” であります。

  製作要領書とか、仕様書に記載の文面を読み、それを具体的な形にする事が、我々 物つくり屋の使命であります。

 そのことが理解できていない、管理職が存在します。 残念であります。

 与えられた 、塗り絵に色だけを置いていく 物つくりしか出来ない人間には、考える能力が見当たらないのであります。  輪郭線を、自ら 描いたことの無い人には、創作と言う 文字が、分からないのであります。

 だんだん、寂しくなってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-23

指示待ち族

 もう長い事職業人をしていますが、今日ほどあきれ返った事はありません。

 仕様書を観て、読めば 判断がつくことを、わざわざ 東京まで電話を掛け、FAXまでよこす輩には、明いた口がふさがらない想いがしました。

 誰かが、指示を出さないと行動に移ることのできない、”指示待ち族”が 私の属しています会社には、複数居ます。

 それも、管理職の立場で???  こんなことでは、東アジアのリーダーの座から滑り落ちる事は、眼に見えてきます。 残念ですけど、 救いのアドバイスを発する気持ちにもなれません。

 自らの飯は、自分で作って食わねば、死ぬぞ!    飽食の時代に育った人には、判らないのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-22

アクセス数が増えたのでしょう。

ココログは、夜も更けてきますと、サイトになかなか繋がりにくくなる事が有ります。

それくらい、ブロガーが増えてきた証ではないでしょうか??

喜ばしい傾向でありますねぇ!    私の ブログ ”東京単身赴任” の書き始めは、 一昨年の確か7月からだったと記憶しています。 

 それを皮切りに、

 団塊オヤジの転進物語

 団塊オヤジの言いたい放題

 尾道人の東京物語

 尾羽呼裟智子の事件簿

 そして 、最も 若い ブログ キミは僕の太陽だ を

 綴っています。

 なんとなく、就寝前に 頭の中が整理できるようで良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-20

5人にひとり

 なんと、 女の人で 5人に一人は、 ”だんな”がストレスの最たるものらしい?!

 そこに居るだけで、ストレスを感じるとは、世の亭主族の皆さん、再考あれ。

 適度に単身赴任も良いものでありますよ。

 先日、 冨士 純子 さん = 昔 緋牡丹の お竜さん で鳴らした、女優さん。

 言っていました。 『亭主殿は、適度に居ない方が、スッキリして、自分の時間が持てる』

 勉強になりましたぁ~~あああ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-19

東奔西走

 さぁ!この週末は、忙しく東奔西走せねばなりません。 

人手不足が慢性化していまして、会社の人事担当者は、現場の声を素直に聞く耳を持ち合わせ

ていない事が、誘因であります。

 適材適所・適者と言われていますが、 我田引水を地で行く彼らにとりまして、他人の忙し

さは気に留めることはしない様であります。

 ともかく、怪我のないように、元気で週末を乗り切ろうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-18

見直しました

 人生設計の見直しをしていみました。そうしたら・・・

 『老後にゆとりある生活をおくるためには・・・』

 『単身でも、月額25万円が必要である!』

 『夫婦でも、月額37万円が必要である!』

 ことがわかりました。

 年金だってあてにはできないし・・・

 自分だけでなく、両親の面倒だったある程度はみてあげたい。

 不安で苛立ちの日々が続きました。

 そんなときに、インターネットから、あるHPに出会いました。

  そこには・・・

     赤字続きの自営業者が・・・

     子育て中の主婦が・・・

     そして!普通のOLが・・・

 空いた時間をつかって、楽しくお仕事をしていたんです。

  http://www2.ocn.ne.jp/~yasutaku/index.html

  少しの勇気を出して、私も始めてみました!

  今では、不安も無くなり、少しずつですが、

 ゆとりある生活を送ることができています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-17

偶然

 ひょんなことから、かつて 私を拾い上げてくださった、昔の上司に電話をする機会を得ました。

 年金を受給して、悠々自適な生活を楽しまれているものと、話をむけましたところ、意外な反応が返ってまいりました。

 結論: 職業人の現役でいた時の方が、よっぽど充実した日々を送っていた、との事でした。

 私は、毎日が 日曜日であるようで、羨ましく想っていますのに、発せられます言葉に幾らかの暗さを感じることになりました。

 結論その2: 生涯 現役、中途半端に引退してしまうと、寂しい生活に陥る、との事であります。

 その観点からしますと、 この 仕事 は、 死ぬまで できそうな、そして 仲間と定期的に歓談できる理想的な JOB であります。  良い仕事に めぐり逢えたものです。  

    皆さんに 感謝! 感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-16

流石と感じたこと

   川柳で

   妻の感

      GPS より

         精度良い

   脱帽 の一句でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-15

高齢化社会

 今、65歳以上の人たちが日本の人口に占める割合が、21%だそうです。

 5年後その割合が、28パーセントに成るとの予想がなされています。 まさに、有史以来この様な高齢化社会は、どの国も経験した事が無い状況が、眼の前に迫っているのであります。

 まみんど クン と やすたく チャン は、まさしく 団塊世代の真っ只中であります事から、この渦の中に身を晒す事になる訳であります。

 この状況が来る事を、待つのではなく、迎える体制を作ろうと考えていましたところに、昨日行われましたセミナーの主題は、ぴったりの内容じゃありませんか!!

 これに乗らない手は無いと想いました。 これに積極的に参画することとします。

 先ずは、 クラブ 名 を決まる事から、はじめましょう。 何を どのように具体的に、ウゥームとうなずけるネーミングに知恵を絞りたいと想っています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006-05-14

母の日

 電話から伝わってきます、まみんど クンの声は弾んでいました。

 長男 ”震 電” (HN) が、母の日を祝って、今夜は超ご馳走を振舞ったとの事であります。

 母は良いですよ! 母の日と言う事で、気に留めてもらえる存在でありますから。  父親の日は、有っても過ぎ去った頃、  『ああぁ、 そうだった!』   と流されるぐらいですから、  

  軽いものであります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006-05-13

奥さん と カミさん

永 六輔 さんが、興味深い話をされていました。

  奥さん:  家に使用人が、複数居て 身の回り及び勝手向きの事はなさらない人

  カミさん:  上記の人とは、異にして 家の事いっさいがっさいを取り仕切る人

  このことから、 沢村 貞子 さんは、自分の事を 奥 さんと呼ばれることを極端に嫌ったとのことでありす。

  さしずめ、 まみんど クン は、 ”カミさん” かな?!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-05-12

投資と投機

【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)

 投資とは、 その会社を長期の展望にたって、育てる為に資金を注入することだそうです。

 投機とは、 短期間のうちに、儲けを生み出す為に資本を投下する事だそうです。

  私の始めています このビジネス は、さしずめ ”投資” の領域と心得ます。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006-05-11

団塊オヤジよ ガンバレ!!

  ☆……☆……☆……☆……☆……☆……☆
   団塊オヤジ必見!超簡単在宅ワーク!!
   ☆……☆……☆……☆……☆……☆……☆

        ★PC初心者でも大丈夫(*^^)v

    ★収入と自由な時間を手に入れゆとりある生活と
           家族の笑顔が!!(*^▽^*)

   ╋━━━━━━━━━━━━━━━━╋   
    団塊オヤジに最適ビジネスで価値組に
   ╋━━━━━━━━━━━━━━━━╋
       ここから  ↓   ↓

    http://www2.ocn.ne.jp/~yasutaku/index.html

| | コメント (1) | トラックバック (19)

2006-05-10

シャツの外だし

 ズボンの外側にシャツの下端を外に出したままジャケットを着た姿を、最近良く見かけます。

 なんとなくダラシナク感じてしまうのであります。   昔、尾道市消防団に所属していまして、規律訓練を担当していました事から、最近のオトコの子の服装に幾らかのストレスを感じています。

 国が違えば、モスリンの方々は、男でもワンピースの上から下までズドーンの服装もあります。 またインドネシアでは、シャツの様な礼服は、外だしが通常な着こなしではあります。

 しかしながら、日本ではやっぱりシャツは、中に納めてウエスト廻りをスッキリ見せる方が、カッコ良いと想います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-09

カラー写真と白髪

 パスポートの再交付を受けました。

 白髪がより一層目立つようになってしまいました。旧パスポートは 白黒写真で申請しましたが、今回はカラー写真にしてみました。 

 やっぱり 白黒の方が良かったのかも知れません。

オジチャン

 ココを ポチット 押したら オ ジチャン 嬉しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-08

今頃になって気が付く事

 このゴールデンウィーク中、孫娘・5歳(体重:20kg超)と孫息子・2歳(体重:12kgぐらい) 共に過ごしました。

 ディズニーランドからの帰り道、寝入ってしまった、孫息子を抱っこして、電車に乗り込みました。そして、別の日に、孫娘を背負って浅草浅草寺からの帰り道、神田駅から歩いてみました。

 いずれも、初期の段階では、このくらい大した負荷ではないワイ!と思っていましたところ、時間の経過と共に 両腕にのしかかる重みは、手の平を含めて、しびれるものでありました。

 思い起こせば、自分自身も年寄りに背負われた記憶があります。それも背中で暴れまくった記憶が鮮明に残っています。おの重さを、我が祖父・祖母は、受け止めていたのだと振り返っても見ました。

 今、やっとその経験が、私自身に出来ています。いくら喋る言葉で聞いたとしても、自身が体験しないと、あの寝てしまった、幼児の体重の重さは感じ取れないことが、やっと分かりました。

 もう二日も時間が経っていますのに、未だ、手の平の重さの感触が、残っています。  でも大変心地良い疲労感でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-05-01

もう幾つ寝ると、、、

 もう幾つ寝ると、お正月 ♪♪~    は季節外れでありますが、 もう フタツ 寝ると、ゴールデンウィークの休みが取れそうであります。

 やはり、幾つになっても 休みが来る事が、何より楽しみな事であります。 今年は、特別に孫たちと時間の共有ができそうでありますことから、なおさらの楽しみが倍増しているのであります。

 何を、観て、何を聞いて、どれに触ってみようか??  今から、気分は高ぶっております。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »